現在位置:TOP > 商品・サービス > コールセンターソリューション

ここから本文

左メニューここから

左メニューここまで

コールセンターソリューション

金融機関向けのテレホンバンキング、テレマーケティング、延滞督促オートコール、カードローン仮審査受付システムを一つのコールセンターシステム・パッケージとして、ご提供します。導入したいシステムのみの構築も行います。

コールセンターシステムの概要

コールセンターシステム
  • テレホンバンキングシステム
  • ●お客様からのご要件を集中して電話受付
    <インバンド業務>

  • テレマーケティングシステム
  • ●お客様へ金融機関の思いを発信。自由なキャンペーン、イベント企画などを電話発信
    <アウトバンド業務>

  • 債権延滞督促(オートコール)システム
  • ●延滞督促コールから事務処理まで対応、期日管理と発送書類を一括出力
    <アウトバンド業務>

  • カードローン仮審査受付システム
  • ●電話・郵送・FAXで申込受付、審査結果の電話連絡
    <インバンド業務>

    ページの先頭へ

    コールセンターシステムの特徴

    パッケージ化により、低価格・短期間でコールセンターを構築・実現します。

    • コールセンターシステムの設計・開発・導入・運用サポートまで、短期間で構築します。
    • 既存システムからの煩わしい移行作業も、実績・経験豊富なスタッフが、サポートします。

    一つのシステム環境で、複数のコールセンター業務の運用を実現。

    • テレホンバンキングシステム
      • 金融機関向けの低価格・低コスト運用が可能な、テレホンバンキングシステムです。
      • 電話・携帯電話が金融機関の窓口となります。
      • 残高照会・振替・振込・定期預金などの資金移動取引のお取扱いが可能です。
      • 各種相談・お問合せなどのインバウンド業務も行うことが出来ます。
      • ホストシステムと接続しない、低価格・低コストのテレホンバンキングシステムをご提供します。
    • カードローン仮審査受付システム
      • 電話受付のお客様を管理することにより、カードローン商品の申込受付・仮審査まで、スピーディに行います。
        (※仮審査OKのときは、本申込は営業店窓口にて行います。)
      • 電話以外の、申込書の郵送・FAX・窓口受付による入力も可能です。
      • 受付〜仮審査〜審査結果連絡〜営業店への連絡までのシステムをご提供します。
    • テレマーケティングシステム
      • 大切なお客様との間を、電話を利用して、金融機関の思いを伝える、アウトバウンドシステムです。
      • 金融機関が立案する種々のキャンペーンを設定し実行します。
      • キャンペーンは、複数設定・並行実行が可能です。
      • キャンペーンの種類・目的は問わずに設定が可能です。
      • 収集情報は、コールセンターから外部システムへの連携が可能です。
      • コールセンターシステム版・テレマーケティングシステムと、テレマーケティング結果の照会、お客様との営業結果の回答・連絡が容易な、Web版・テレマーケティングシステムの2つのシステムから選択が出来ます。
    • 債権延滞督促(オートコール)システム
      • 債権管理・融資延滞督促業務を集中化・導入・構築を行います。
      • 延滞督促から、督促状・催告書・代弁請求までを集中処理し、営業店負荷を軽減します。
      • 延滞・督促の期日管理を行い、督促遅延・督促漏れがなくなります。
      • コールセンターシステム版・債権延滞督促(オートコール)システムと、債権状況の照会、督促〜代弁連携を営業店と容易に出来る、Web版・債権延滞督促(オートコール)システムの2つのシステムから選択が出来ます。

    運用は、1つの業務から、業務の追加によるコールセンター拡大もできます。

    • 1つのコールセンター業務から構築しても、基本的なシステム構成の変更はありません。
    • コールセンター業務の追加・拡大が容易に出来ます。
      (※業務量が増えることによる、電話回線数・オペレーター席数の見直しが発生する場合があります。)

    クライアントにお客様情報・個人情報をもたない、データレスクライアント席(PC)

    • コールセンター専用のデータベースを構築し、厳格なセキュリティーで管理します。
    • 顧客情報及び架電情報などは、全てデータベースサーバーでの管理となり、オペレーター用の クライアントPCが情報を保持することはありません。

    標準出力帳票を豊富に搭載

    • 標準出力帳票を豊富に搭載、運用時にはそのまま使用可能です。
    • 使い慣れた表計算ソフト(Excel)による二次加工や、別システムへCSVデータ出力も可能です。 これにより帳票追加、カスタマイズ費用の負担が少なくなります。

    ページの先頭へ